どこか1つ★可愛い大人

どこか1つ★可愛い大人

年齢をどれだけ重ねても、外面・内面・ココロ・動作のどこか1つ「可愛い大人」でいたい。どこかで光って笑っていたい♪をゆるりと探求していくブログ。

頑固な肩こり!肩こりに効く体を温める食材6つを紹介!

頑固な肩こり!肩こりに効く体を温める食材6つを紹介!

こりの原因とは?

f:id:saya77life:20170707123006j:plain

肩こりは、肩の筋肉への血行不良で肩こりが起こると言われています。
パソコンなど長時間の同じ姿勢での作業や猫背、目の疲れ、体の冷えにより
筋肉の血流が悪くなるため「肩こり」をおこしてしまいます。

また、何らかの原因で肩と頭が緊張して縮んで固くなり、
筋肉疲労を起こした状態も肩こりと言います。

肩こりがひどくなると腕までこりが広がり、
腕から頭にかけてかなりの痛みを伴うため、
「頸肩腕症候群」になる場合があります。

 加齢に伴い、人間の体はだんだんと疲労しやすくなり
筋肉疲労が少しずつ始まります。

頭の重さが、体重の約10%と言われており、体重50㎏なら約5㎏、
60㎏なら約6gとなり、かなりの負担が、首や肩にかかっています。

この支えてくれている首と肩の筋肉が、疲労困憊になって
体の悲鳴として肩こりをおこしています。

なんとかしないといけませんよね・・・。 

人によって、痛みが違い、大きな石が乗ってるような重さが、
ドーンとくる人や、しびれや痛みまでもを感じる人までいます。

首筋、首の付け根、背中に肩と、様々な部位に症状が出て、
カチコチに凝っている人や、バリバリにはっている人、
それに伴って頭痛を起こす人も多くいます。

原因は、背中と肩、首の後ろ側にある三角形の
僧帽筋」という筋肉が肩こりを起こしています。
ここをほぐすことにより、肩こりが改善していくと言われています。

ひどくなる前に、頭を支えてくれている筋肉疲労に
何か少しでも手助けできることをしたいものですね。

肩こり改善方法は?

①体を冷やさない
血行を良くするためにも体を冷やさない。
体温が下がると血液もドロドロになり血行が悪くなり
肩こりも増します。

簡単な対策としては、温かくしたタオルを首の後ろや肩に置き、血行を助けます。
濡らしたタオルを電子レンジで、自分が気持ちいいと感じる温度まで
温めて、首の後ろや肩に置くのが手っ取り早いですよ♪ 

kawaii-otona.hatenablog.com

②こまめな体操やストレッチ
すぐ実行できる改善策として、肩をほぐすストレッチを
豆にすることで血液の流れを少しでもよくしていけます。

筋肉の動きがわかる⁈
肩甲骨の簡単ストレッチの動画。
参考までに動画ひっつけてみました。

最初はどんな動画かとドキドキしてしまいましたが
筋肉の説明もあり、わかりやすいかと思います♪

www.youtube.com

スマホタブレット、パソコンなど首が垂れた状態で
長時間の使用はやめましょう。

そうかといって、仕事でパソコン作業が多い職場もあり、
なかなか自由がききません。

せめてパソコンから離れた後のスマホは、短時間にしたいところですよね。 

f:id:saya77life:20170707125058j:plain

どうしても長時間してしまう日は、こまめにストレッチをしてみましょう。
肩をぐっとすぼめて、一気に脱落する体操を5回は繰り返しましょう♪

こまめにやることで血行不良の進行を遅らせます。

 ③運動


冷え症の記事でも書いていますが、血行といえば運動につながります。

なぜなら、筋肉が血液のポンプ替わりになり、
全身に血を巡らす役目があるからです。

この筋肉量が低下していくと、血液が全身に巡りにくくなり、
肩こりの要因にもなります。

激しい運動でなくても、ウォーキングなど手軽にできる運動で
筋肉量を増していきます。

 ④ストレス解消をしましょう。


ストレスなどため込まないように・・・って言っても、
なかなか簡単にとれないのがストレスです。

ストレスは筋肉をピキーンっと緊張させてしまい血管を縮め、
血液を全身に巡らしてくれません。

これにより血行不良となり、肩こりになってしまいます。
できるだけ、自分になったストレス解消法を見つけ出し、

精神的にも心身的にもほっこり♪させていきましょう。

ちなみに私のストレス解消法は、

自然の中でぼ~っとする。
大好きな飲み物で癒される。
友達としゃべりまくり。
美味しいごはんを食べる。
お笑い番組を見る。
運動で汗をかく。
映画を見て、別世界に飛ぶ。
音楽を聴いて、これまた別世界に飛ぶ。

自分にあったストレス解消で少しでも嫌なことをスッキリさせて
血行を良くしてくださいね♪ 

肩こりに効く6つの食材とは?

肩こりを解消するのには、上記の改善策以外に
湿布を貼ったりと薬剤による改善策もありますが、

やはり!食事からも肩こりを治したいものです。

少しでも血行によく肩こりを解消してくれる食材を取りましょう!

ここで、紹介する食材のポイントは、
即効性のある血液改善策を2つあります。

①体を温める
②血管を拡張する

 この2つのポイントに適した食材をご紹介します♪

体を温める食材

f:id:saya77life:20170707124000j:plain

①ショウガ


心臓に直接働きかけ心筋の活力を上げ、
冠動脈を拡張させ血流をよくします。

また内臓の働きを活発にして体を芯から温め、
発汗・利尿を促し新陳代謝を高めます。

冷えや血行不良の改善に役立ちます。

②しょうゆ・自然塩・味噌=「塩分」
いずれも塩分が体を温める機能を持っています。

f:id:saya77life:20170707124031j:plain

 え?塩分って思いますよね?
そうなんです、実は塩分は体にとっては必要な成分を含んでいるのです。

人間の水分は、体重の約60%~70%あり、
その水分は血液はリンパ液などに溶け込んでいます。

 

体重や体温により水分の摂取量は違います。
ご自身に合った水分量を調べてることができます。参考までにこちらの記事をどうぞ♪

kawaii-otona.hatenablog.com

 

この血液の濃さを一定に保つ役割を、
塩に含まれるナトリウムと塩素が担っています。
一定に保たれることにより、全身に栄養を行き渡らせて、体を温めます。

塩に含まれるナトリウムは、筋肉を拡張させたり、縮ませたり、
血行を良くする役割も果たしています。

体内の塩分濃度が不足すると栄養も行き渡らず、新陳代謝も低下します。
そのため、筋肉の収縮も低下してしまいます。

また、塩に含まれるミネラル(ナトリウム・マグネシウムカリウム・カルシウムなど)は、体内で生産できないため、塩の摂取は必要となってきます。


精製された塩よりも自然から出た塩「自然塩」の摂取が大事となります。
天然塩は、人間に必要なミネラルが豊富で、にがりまでも含まれています。

精製された塩は、化学的に作られた塩でミネラルやにがりは、
ほとんど取り除かれています。

ミネラル豊富は自然塩で、肩こり解消につなげていきましょう♪

 

血管を拡張する食材

③ナス


毛細血管を強くするだけでなく血管を拡張して
血流を促すルチンが豊富に入っています。

その他にも、ルチンの豊富な「そば」や「ホウレン草」も同じ働きをします。 

④玉ねぎ


血をサラサラにすると聞くとピンとくるのが「玉ねぎ」。
サラサラ効果を出すのが、この玉ねぎに含まれるアリシンのおかげです。

アリシンは、抹消血管を拡張し血行をよくして、
血中の脂質を減少させ、血液のドロドロを防ぎます。
血液がドロドロになると血行も悪くなり、肩こりをおこしやすくなります。

このサラサラ効果がある「アリシン」を含む野菜が、他にもあります。
臭いがキツイ~食材達です。

 ⑤ニンニク


そうです、臭いがキツイといえばニンニク。

「医者いらずの素」と言われる王様。

血液サラサラ効果を出すアリシンが豊富だけでなく、
スコルジンという血行促進をしてくれる成分も含まれています。
抗酸化予防もあり、万能の食材と言えます。

 

⑥ニラ

f:id:saya77life:20170707124132j:plain

こちらも匂いがキツイ食材でアリシン豊富。

糖質の代謝を促進し、エネルギー代謝を高めるため
内臓機能を活発にさせます。

血液の循環をよくする作用があります。

 

その他のアリシンを含む食材に
「ネギ」「エシャロット」「らっきょ」「あさつき」などがあります。

 

これは大事!アリシンを含む食材は、料理方法に注意!

アリシンは、非常に熱に弱く水に溶けやすい成分で
「生」で食すことで効果がでます。

又、アリシンは細胞を破壊することで、効果をさらに発揮するため、
生をそのまま擦りおろす方法がベスト。
薬味などとして使うのがいいかもしれませんね♪

生のニンニクは注意が必要です。
食べすぎると腹痛や貧血、肝機能障害などを起こすともいわれています。

食べすぎず、少しだけをドレッシングや薬味として
利用することをおすすめします。

ちなみにアリシンを含む食材を、玄米や胚芽米、豆腐や納豆などの
大豆製品などと、同時に摂取すると、アリチアミンという物質に変化するため、
疲労回復に効果をもたらします。

f:id:saya77life:20170707124241j:plain

  少しでも頑固な肩こりから解放されたいですよね。
ストレス解消も兼ねる一石二鳥の運動をしたり、

外側からだけなく、内側からも、
肩こり解消となる血行不良を治していきましょう♪

 

 

Copyright (C) 2017 copyrights.saya'blog All Rights Reserved.