どこか1つ★可愛い大人

どこか1つ★可愛い大人

年齢をどれだけ重ねても、外面・内面・ココロ・動作のどこか1つ「可愛い大人」でいたい。どこかで光って笑っていたい♪をゆるりと探求していくブログ。

クーラーでも冷える!冷えの原因10選とやるべき5つの改善策!

冷えとは?

f:id:saya77life:20170705143025j:plain

「血行不良」=「冷え」これが原因です。

ではこの「血行不良」とは?

血液が何らかの原因で、
体に血液を行き渡らないことを「血行不良」といいます。 

血液の流れが悪くなると、細い毛細血管まで、
血液が運ばれにくくなり
手足の末端まで十分な血液が行き渡らなくなります。

血液には、新鮮な酸素や栄養などの
エネルギー運んでくれる役割と体内に溜まった老廃物を
体外に出す働きを助けてくれます。

このような大事な役割のある血液の流れが悪くなると、
全身にパワーとなるエネルギーが行き渡りにくくなり、
老廃物が体内に蓄積されてしまい体に冷えを起こしてしまいます。

又、体が冷えると血行不良が起こり、脂肪が固まってしまい大事な血液が、
ドロドロになってしまいます。

 
体の冷えは、体の異常を教える大きなシグナルです。

 

 

冷え性」と「冷え症」の違い

 一般に「冷え性」が、病気と判断されたときに
「冷え症」と言われています。

冷え性」が軽度、「冷え症」は重度となります。 
確かに「冷え」にも個人差があり、それぞれ冷えの症状は違っています。

気温関係なく手足だけが冷えて寝られない方や、
気温が低い場所だけ体が冷えやすく、
温かい場所に戻ると冷えがおさまる方など様々です。

 

冷え性」とは、

食生活のバランスの乱れや、運動不足・睡眠不足、ストレスなどの
生活習慣の乱れが原因で、特定の部位に「冷え」を感じます。

体内での「血行不良」が、大きな原因となっています。 

「冷え症」とは、

自律神経の乱れによる血管障害で血液が毛細血管まで行き渡らず、
気温に関係なく、腹部や腰、手足などに
きつい冷えを感じる症状が起こります。

夏でもカイロつけたり、就寝時には靴下を履いたり、
冷えにより下痢や腹痛を起したりします。 

冷え性を冷え症にならないようにしたいものですが、
私はすでに立派な「冷え症」となってしまってます。
なので毎日「冷え取り」はかかせません。

自分に適した冷え取り方法を探求中ですが、
なかなか時間もかかり根気がいります。

重症の冷え症にならないためにも
一日でも早く体の冷えが取れるよう心がけたいものです。

 

男も女も冷える理由とは?

f:id:saya77life:20170705135849j:plain

女性が冷える理由

女性は、熱を発してくれる筋肉量が少なく、
体を冷やす脂肪、いわゆる体脂肪率が高いのが
大きな理由としてあげられています。

また女性の体は、子宮や卵巣があり、
血流の妨げとなる臓器があるため、腹部の血流が悪くなります。
生理になると血液が減るため、熱が末端まで行き渡りにくくなります。

さらに生理、出産、閉経など
ホルモンバランスが乱れることが多いため、
ホルモンと深くかかわっている自律神経までもが乱れてきます。

自律神経は、血管を大きくしたり小さくしたりと
調整してくる大事な神経。

この自律神経の乱れにより血管が縮まり、血行が悪くなり、
十分な酸素や栄養素などのエネルギーが、体の隅々まで行き渡らなくなり
「冷え」を起こしてしまいます。

男性が冷える理由

 冷え性の多くが女性と言われていますが、
男性も多くの方が体の冷えを訴えています。
冷えに気づかず病気になってから、冷えに気づく男性もいます。

 年齢を重ねるにつれて、少しずつ内臓機能の低下や
筋肉量の低下により、熱を出すことができなくなってきます。

男性の筋肉量のほうが、女性の筋肉量より多いので、
熱を発しやすいのですが、老化により発熱機能が低下していきます。

油断はできませんね。

 これにより体内で「冷え」を感じるようになり、
腰痛や肩こりなどの症状がでてきます。

温かいお湯や、カイロ・湯たんぽなどで
腰や肩を温めると楽になることはありませんか?
楽になれば「冷え」が原因の場合があります。

性別関係なく、日々の生活の不摂生や生活習慣の乱れ、
ストレスなど様々な要因がプラスされ、血行不良となる要因が増えてると
冷え症につながってしまいます。

 

男も女も「冷える」10個の原因とは?

f:id:saya77life:20170705140009j:plain

①運動不足 

筋肉が不足すると代謝を下がり、体内での熱を発しなくなります。
筋肉は、体内に熱を発してくれる大事な役割をもっています。

女性は、男性よりも筋肉量が少ないため、
熱を発しにくく冷えになりやすくなります。

しかしながら、男性も加齢と運動不足が重なり、
筋肉量が減っていき、冷えとなってしまいます。

 

②体を冷やす食事や飲み物

お菓子などの糖分の取り過ぎ。炭水化物が多い食事や、
体を冷やす飲み物や食品の摂取、油ものなどの脂肪の多い食事の
とりすぎで冷えを起こしてしまいます。

又、水分不足や鉄分の不足なども冷えの原因となります。

kawaii-otona.hatenablog.com

 ③ストレス

ストレスは血管を細くして、末端へ血液を行き渡らず血行を悪くします。

また、ピリピリとした緊張状態によって交感神経が長時間動いてしまい、
自律神経のバランスが壊れてしまいます。

これにより、体温調整がうまくいかず冷えを引き起こしてしまいます。 

④自律神経の乱れ

自律神経は、血管を大きくしたり小さくしたり収縮役割をします。
寒くなると熱を逃がさないように血管を縮め、
暑くなると血管を広げて、熱を出そうします。

この自律神経が乱れると血管の収縮機能が
正常に機能しなくなり、冷えを起こします。

 

⑤ホルモンバランス

女性は、生理・出産、閉経などホルモンバランスが乱れることが多いため、
ホルモンと深くかかわっている自律神経までもが乱れてきます。

自律神経が乱れると十分な酸素や栄養素が、

体の隅々まで行き渡らなくなり「冷え」を起こしてしまいます。
男性も更年期に入ると男性ホルモンが減少し、自律神経も乱れてきます。
最近では、30代から更年期に入る男性も多くなってきています。

⑥体質

疲れやすい人や胃や腸が弱い人が冷え性になりやすいと
言われています。 

⑦加齢

加齢とともに、内臓機能の衰えや筋肉量の低下などで
冷えやすくなります。 

⑧薄着や衣服の締め付け

薄着では体を冷やし血行不良につなげてしまいます。
衣服の締め付けによって血流が悪くなり、
さらに末端の毛細血管まで血液を行き渡らすことができなくなります。

⑨タバコ

タバコを吸うと血管を縮ませてしまい、血行が悪くなります。
基礎代謝も下がるため、冷えを起します。 

⑩病気による冷え

高血圧、貧血、静脈瘤、末端血管障害、高コレステロール血症、
循環機能の障害、甲状腺機能低下などの病気が、
引き起こす冷えもあります。 

あなたはどの冷えタイプ?

①貧血タイプ

血液には赤血球という赤い丸い血球があります。
赤血球は、体の隅々まで酸素を行き渡らす役割があり、

その赤血球が少ないことを貧血といいます。

体全身に酸素が行き渡らず、疲れやすく体力も維持しにくく、
体の冷えを起こしてしまいます。

鉄分が少ない貧血と原因不明の病気で
赤血球が作り出せない貧血など、さまざまな貧血にも当てはまります。

 

②内臓が冷えるタイプ

末端の手足の表面は温かく、おなかなどの内臓が冷えています。
お腹、いわゆる消化器系が冷えている状態。

常に副交感神経の働きが活発になり、
血管を広げたままのため血液が末端に行き渡り、
内臓に血液をため込むことができなくなっています。

そのため、手足などの表面は温かいのですが、
内臓が冷えてしまっています。 

③末端が冷えるタイプ

手足など文字通り末端から冷えていきます。
手足を温めようとしてもなかなか頑固な冷えはとれません。

体全体に冷えがあるため、大事な内臓を守ろうと
血液が内臓を温め続けてしまい、
末端まで血液が十分行き渡らずいます。 

原因として、血管が縮まった状態の継続、
もしくは血液がドロドロ状態で血行不良となり、
末端まで血液が行きません。

 

常に体温が下がっているので交感神経が優位になってしまい
血管が縮まってしまい冷えが起こってしまいます。

食事量の減少や運動不足でなどが原因ともいわれ、
痩せているタイプにこのタイプの冷えが多いとも言われています。 

下半身が冷えるタイプ

下半身だけが冷え、上半身は冷えないタイプです。
一般に普段の姿勢に原因があるともいわれています。

足を組んだり、同じ方向に長時間いることで、
血行が悪くなり全身にうまく血液が巡らず足に老廃物がたまってしまい

冷えを起こしてしまっています。
又、冷えだけでなくしびれや痛みが出てきた場合は、

閉塞性動脈硬化症や脊柱管狭窄症などの
可能性もあるので病院で受診しましょう。 

⑤全身が冷えるタイプ

食事量の不足や運動不足、生活習慣の乱れ、
過度なストレスの継続などが原因で基礎代謝が落ちてしまい、
体内で熱を作ることが難しくなっている状態。

又、なんらかの病気(甲状腺機能低下、自律神経失調症など)が原因で、
全身が冷えてしまってることもあります。 

これだけはやるべき!冷えの5つの改善策

①運動

筋肉がポンプの役割となり全身に新鮮な血液を送ってくれます。
運動することにより筋肉を収縮させ全身に血液を送り、
新陳代謝を上げることができます。
これにより熱を生み出す力が増えていきます。

f:id:saya77life:20170705140034j:plain

激しい運動でなく軽いウォーキングでもよく、毎日続けることが大切。

普段の生活の中で、エレベーターやエスカレーターを使わず
階段を利用することや、通勤や買い物に出かける際には、
一駅歩くなど普段の生活に運動を取り入れていくことで
冷えを取り除くことができます。

寝る前のストレッチは、体温を上げると言われています。
血行が良くなり、体内温度も上がっていきます。 

普段から血行を良くするために、運動やストレッチなど体を動かすことに
気を付けていくことが大切です。 

②薄着はしない

できるのなら、スカートではないのが好ましいです。
でもやっぱり女子です。着たい!・・・ですよね♪
職場の制服でもスカートが多いので、やはり着ないわけにもいきません。 

スカートや薄着なとる時は、ショールを羽織ったり、
ブランケットでひざ掛けをするなど、
体温を低下させないようにしていきます。

外気温と室内温度の差が大きいと体温調節が出来なくなり、
温度差が原因で冷え性になる人もいます。

 

③体が冷える食品を避け、食事は腹八分目

氷やアイスなどの冷たいものや、体を冷やす飲み物や食品は避ける。
できるだけ常温で食べれるものは、

常温で食べるようにして体を冷える要因を取り除いていきます。

f:id:saya77life:20170705140320j:plain

生野菜は体を冷やしてしまいます。できるだけ温野菜にして食べましょう♪
又、おなか一杯パンパンに食べると内臓への負担が大きくかかります。

血液循環を良くするためにも食事は腹八分目がベターです。 

【体を冷やす食品】

バナナ、ミカン、キュウイ、パイナップル、マンゴーなど。
夏野菜(キュウリ、トマト、スイカなど)と生野菜
添加物や化学調味料
甘いお菓子
動物性脂肪

体を冷やす飲み物】

緑茶
コーヒー
ミルクなどの乳製品
豆乳
清涼飲料水や炭酸ジュース 

 【体を温める食品】

リンゴ、ドライフルーツ、プルーンなど。
根菜類(ニンジン、ゴボウ、にんにく、しょうが、芋等)
海藻類(わかめ、昆布等)
発酵食品(納豆、チーズなど)
加熱した野菜

 

 体を温める食材=免疫力をアップさせる最強食材。よかったらご参考までに♪

kawaii-otona.hatenablog.com

【体を温める飲み物】

f:id:saya77life:20170703112554j:plain

黒豆茶
生姜湯
紅茶
ほうじ茶
ルイボスティなど 

 詳しい「体を冷やす飲み物」と「体を温める飲み物」についてはこちら。

kawaii-otona.hatenablog.com 

④お風呂や足湯

浴槽につかりましょう。ゆっくりつかって体を温めていきます。
約37℃~40℃の温度に設定し、最低20分は半身浴でつかります。

体をリラックスさせる副交感神経が働き、血管の拡張が始まります。
少しずつ血行がよくなっていきます。

足湯だけでも効果があり、半身浴と同様の効果あると言われています。
バケツに自分が気持ちいい♪と思う温度のお湯を注ぎ、

少なくとも30分以上、両足をお湯につけて温めます。
お湯から足を出したら、水気をしっかり取りすぐに靴下を履きましょう。 

f:id:saya77life:20170705140152j:plain

⑤禁煙

百害あって一利なしとはよく言われるタバコ。
タバコは血管を細くしてしまい、末端まで血液を送れなくします。
冷えになる大きな要因の一つです。
少しずつ、本数を減らすことから始めましょう♪ 

 

冷え取り対策をうまく日常に取り入れたり、
冷える前に体を温める工夫も豆にしていきたいものです。
なによりも冷えにくい体質へ変えていくことが大事ですね♪

 

少しずつ、無理なく、ゆっくり、のんび~り

冷えをとりたいものです。。。

 

Copyright (C) 2017 copyrights.saya'blog All Rights Reserved.